アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

【2017年版】アドセンス狩りの簡単な対策法。クリック率の急増には注意!?

f:id:apoptosis35:20170331211704j:plain

アドセンスの管理画面を見てたら、クリック数がいつもの何倍にもなっている!!

そんなときにまず疑われるのが、アドセンス狩りです。

他人からの攻撃でアカウント停止を食らうなんて絶対いやだ!!!ってことでアドセンス狩り対策していきます。

アドセンス狩りとは

f:id:apoptosis35:20170331221639p:plain

アドセンスは自己クリックを禁止していますよね。自分で自分のサイトをクリックすると、最悪の場合アカウント停止という事態にまでなってしまいます。

自分のパソコンから自己クリックをすれば、Google側もすぐに判別することができますが、例えば会社のパソコンなどからクリックすればGoogleもすぐには自己クリックと判断することはできません。ところが、明らかに不自然なクリック(PV数の割にクリックが多い、同一IPアドレスからのクリックが多いなど)はすぐにバレてしまいますので、結果的にはアカウント停止となってしまいます。

Googleが自己クリックと判断する基準はわかりませんが、別のパソコンから同一者と思われるクリックが何回も行われていた場合、Google側が自己クリックを疑うのは自然な流れですよね。

アドセンス狩りはこれを狙っています。他人のサイトのアドセンスの広告を何回もクリックして、Googleにあたかも自己クリックをしているかのように思わせます。

Googleは同一人物から何回もクリックされているので自己クリックと判断して、アカウント停止などの処置をしてしまうわけです。

ほかには、アドセンスで禁止コンテンツとされているサイトに自分の広告コードをコピーされて貼り付けられる場合もあります。

広告コードって第三者には分からないんじゃ?と思いがちですが、[ctrl+U]で現在開いているサイトのソースコードを表示させることができます。その中にアドセンスの広告コードも入っているんですよね。誰でも簡単に広告コードのコピーができる状況にあるんです。あとは、アダルトサイトなどに広告を貼られたらすぐにアカウント停止を食らってしまいます。

アドセンス狩りの目的には、ライバルサイトを潰す目的、ただの嫌がらせなどが考えられますが、どちらにせよ迷惑な話です。今のところアドセンス狩りを行った人への対処はなされておらず、自分の身は自分で守る必要があるのです。

f:id:apoptosis35:20170401205602p:plain

アドセンス狩り対策法まとめ

すぐにできるものもありますので、アドセンスの広告を貼っている方は必ず行っておきましょう。

アドセンス広告表示許可サイト設定

この設定は、自分で設定したサイト以外のサイトに広告が貼られても報酬が発生しないようにする設定です。

まずはアドセンスのホーム画面を開きます。

Google AdSense

左側のナビゲーションタブより[設定]、[自分のサイト]をクリックします。

f:id:apoptosis35:20170401211629p:plain

次にちょっとわかりにくいかもしれませんが、自分のサイトの右上に表示されている点が3つ並んでいる部分(その他アイコン)をクリックします。

f:id:apoptosis35:20170401212119p:plain

タブが出てきますので、[サイトの認証]をクリックします。

f:id:apoptosis35:20170401212533p:plain

赤枠に示したところをチェックを入れて、[保存]をクリックします。

f:id:apoptosis35:20170401213037p:plain

これにて設定は終了です。[自分のサイト]のページでサイトの認証は有効ですと出ていれば、設定がうまくいっている証拠です。

注意点ですが新しいサイトにアドセンス広告を貼る場合は、ここにサイトを追加するのを忘れないようにしてください。報酬がまったく発生しなくなってしまいます。

この設定をしておくことで、広告コードを違反サイトに貼り付けられても報酬が発生しないのでアカウント停止になることはなくなります。非常に簡単でコスパの良い対策ですので、ぜひ設定しておくことをおすすめします。

無効なクリックの連絡フォーム

現状アドセンス狩りの対策は完全ではありません。面倒くさいですが、不正クリックされた場合手動で対処する必要があります。ですので普段から自分のサイトのクリック数、クリック率を把握しておく必要があります。

もし、クリック率が異常に増加したときなどは、Googleに自分がクリックしたものではない!とアカウント停止を食らう前に報告する必要があります。

報告はこちらから
無効なクリックの連絡フォーム

f:id:apoptosis35:20170401221041p:plain

開いたら必要な項目に記入していきます。

不正クリックを行った疑いのあるIPアドレスがわかる場合は、一番下の記入欄に記入してください。他にも証拠となりそうな、アクセス解析画面のキャプチャなどを貼り付けると効果があるようです。

基本的に送信後、返信が来ることはありません。

まとめ

アドセンス狩りの対策には2つあります。まずは、アドセンス狩りをされないために、アドセンス広告表示許可サイト設定を行う。これは、広告の転載を防止する効果があります。そしてもう一つは、急激なクリック率の増加など不正クリックされたと感じたら無効なクリックの連絡フォームより連絡を入れることです。こちらは、後手となってしまいますが、アカウントを守るためには必要となってきますので、覚えておいて損はないでしょう。

f:id:apoptosis35:20170401222104p:plain

自分の収益は自分で守る必要があります。アドセンス停止を食らっても、アドセンス狩り対策をしていなかったのが悪いと言われたらそこまでです。

とは言ったものの…

アドセンス狩りなんとかしてください!Googleさん!!!

                            スポンサーリンク