アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

アドセンスに再審査を申し込む時に注意すべき点。2週間ルールとは【Google AdSense】

f:id:apoptosis35:20170311110903j:plain

アドセンスに申請したものの、審査結果はまさかの不合格。何がいけなかったのか良くわからないまま、再審査を申し込む人もいますが、何点か注意してほしいことがあります。

その中でも「2週間ルール」というものも存在するみたいです。

最近のアドセンス審査は厳しいみたいですので(日本の審査はもともと甘目だったらしい。それが世界標準になっただけ?)、審査に通らなくても落ち込まずに、冷静に対処していきましょう。

アドセンス審査に落ちたら

f:id:apoptosis35:20170311111945p:plain

アドセンスの審査に落ちてしまった場合、再申請を行う必要があります。

そこで再審査をしてもらうわけですが、申請するにあたり2通りの方法があります。

方法1. 別のサイトでアドセンスに申請する

方法2.同じサイトを修正して再審査を申請する

例えば、Aのサイトでアドセンスに申請し落ちてしまった場合、Bのサイトで新たに申請する方法と、Aのサイトを修正して再審査を申請する方法があります。

ここで注意点ですが、方法1(Bサイトで新たに申請)はAサイトの審査期間中に行わないようにしてください(また、審査の期間も結果が来てから2週間ほど開けてください。理由は後述)。別のアカウントでBサイトの申請をしてしまうと、アカウント重複で不承認となってしまいます。サイトとアカウントが違くてもGoogleには筒抜けですので、必ず審査結果が来てから審査申請をするようにしましょう。

別のサイトで申請するか、同じサイトを修正して再申請するかは、サイトの方向性やアドセンスに落ちた理由によると思います。サイトのジャンルによっては修正が効かない場合もありますので、そのときは新しいサイトを作ったほうが早いでしょう。同じサイトでも修正すれば通る可能性はありますが、審査に通らなかった理由が不明確な場合、再審査も苦戦する可能性も高いので覚悟が必要です。

まずは、申請したサイトがアドセンスポリシーに違反していないか確認してみましょう。

www.neet-affiliate.net

再審査にあたって知ってほしい「2週間ルール」とは

f:id:apoptosis35:20170313232728j:plain

2週間ルールとは、審査結果の通知が来てから再審査するまでに必要な期間がおよそ2週間必要であることを示したものです。Googleから正式に発表されているもではありませんが、先人たちの経験則に基づいたものです。

2週間という期間を要する理由は、申請しても機械的に落とされる可能性がある、アカウントの紐づけが解除されるのが2週間であることが挙げられます。

先ほど、別サイトで申請するときも2週間ほど開ける必要があると記述しましたが、アカウントとサイトURLの紐づけが解除されずにアカウント重複とみなされてしまうことがあるようです。

例えば、「君、別のアカウントで、同じサイト申請しとるんか!!アカウント重複!!不承認や!!」とGoogleに言われてしまいます。

ですので、再審査を申請する際は、審査結果が来てから2週間ほど期間を開けてから申請するようにしましょう! 実際に、短期間に申請して何度も審査に落ちている方が、2週間ほど期間を置いて申請したところ、すんなり審査に通った方もいるようです。

私のブログの場合

私も一度アドセンスに落ちてから、同じサイトで再審査を申請して合格しています。2週間どころか、半年ほど放置しております笑 ぜひ、参考にしてみて下さい。

www.neet-affiliate.net

最後までご覧いただきありがとうございました。

                            スポンサーリンク