アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

Google AdSense(アドセンス)広告の貼り方【WordPress編】

f:id:apoptosis35:20170226110247j:plain

無事、アドセンス審査に通った方、おめでとうございます!今回は、WordPress(ワードプレス)でのグーグルアドセンスの広告の貼り方について説明していきたいと思います。アドセンスの審査が通ったら、あとは自分のサイトに広告を貼るだけです。

収益を得るためにはもう少しですので、張り切っていきましょう。

はてなブログでのAdSense(アドセンス)広告の貼り方についてはこちら

www.neet-affiliate.net

1.広告の作成

まずは、Google AdSenseのサイトを開きます。以下の画像のように、「広告の設定」から「広告ユニット」をクリックします。

f:id:apoptosis35:20170225090237p:plain:w300

すると「新しい広告ユニット」というボタンがあるので、そこをクリックします。

f:id:apoptosis35:20170225090516p:plain

すると以下のようなページへと移ります。

f:id:apoptosis35:20170225090735p:plain

広告の名前は、広告を貼る場所の名前にしましょう。例えば、「タイトル下」や「フッダー」などです。ここで、名前を振っておくおくことで、後からアドセンスの解析を行う際に、この広告はあまりクリックされていないな。などの情報が分かりやすくなります。

次に広告サイズですが、初心者の方はレスポンシブを選択しておけば間違いないです。下手に他の広告サイズを選択しても、間違ったサイズですとスマホでの表示が大きくなりすぎて、アドセンスポリシーに違反し、アカウント停止などを食らってしまうことも考えられます。

レスポンシブにしておくことで、ユーザーの環境次第で表示する広告の大きさを自動的に選んでくれますので、かなりおすすめです。パソコン用とスマホ用どちらにも対応しているため、レスポンシブを選んでおけば間違いないということです。

次に、テキスト広告のスタイルについてですが、できるだけ自分のサイトの基調となるカラーと似ているもの、もしくは違和感のないものを選択しておきましょう。異様に目立つようなカラーよりも、自然な感じのほうがベターです。

ただ、ここはデフォルトの設定のままでも大丈夫です。

残りのカスタムチャンネル代替広告の設定もいじらくなくてOKです。

全部でいじるところは、広告サイズは初期設定でレスポンシブになっていますので、広告の名前をつけるところぐらいですね。

設定が終了しましたら、保存してコードを取得のボタンをクリックします。

f:id:apoptosis35:20170225093653p:plain

すると上記のように(コードは消してあります)広告コードが表示されます。この広告コードはGoogleAdSenseの広告ユニットのコードを取得からいつでも確認することが可能です。このコードを自分のサイトに張り付けることで、広告を表示させることが可能となります。

これにて、広告の作成は終了です。

2.WordPressに広告を貼る

2-1. プラグインを使って記事中に広告を掲載する

AdSense Managerというプラグインを使用することで、簡単にアドセンスの広告を記事中に表示してくれます。すごく便利ですので、ぜひ使用してみましょう。

f:id:apoptosis35:20170227200723p:plain:w200

上図のように、プラグインの新規追加から、キーワードでAdsense Managerと検索すると出てきますので、インストールしてください。 ↓こちらのプラグインです。

f:id:apoptosis35:20170227201151p:plain:w500

有効化することで、以下の画像のように投稿のタグにAd Unitと表示されるようにります。

f:id:apoptosis35:20170227202951p:plain

あとは、Add your ad!の下の欄に先ほど作成したアドセンスの広告コードを貼り付けます。

f:id:apoptosis35:20170227203420p:plain:w400

広告コードを貼り付けたら、コードの最初に 

スポンサーリンク</br>を加えることで広告の上にスポンサーリンクと表示させることができます。スポンサードリンクと表記しているところもありますが、現在はスポンサーリンクが正しい表記らしいですね!

Importボタンをクリックすると以下のような画面が表示されます。

f:id:apoptosis35:20170227210225p:plain:w600

広告の名前は分かりやすくしておくといいかもしれません。後々、この名前を使用して広告を貼っていくので、できるだけ簡単で分かりやすく覚えられるものにしましょう。

Display Optionの5つの項目は全てYesで構いません。※Noにすると表示がうまくいかないときがあるみたいです。

Save Change をクリックすれば設定はこれにて完了です。

あとは記事を書く際に、表示させたいところで、先ほど設定した名前(初期設定:co-1)を記入するだけになります。

例:Nameがco-1の場合

[ad#co-1]

これを本文中に入れるだけでアドセンスの広告が表示されます。

このように一度設定してしまえば、非常に簡単にアドセンス広告を設置することができます。

最後に

そのほかのアドセンス広告の設置方法については随時追加していきます。分からないことがありました、コメントなどでお知らせください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

                            スポンサーリンク