アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

アドセンス広告の貼り方【はてなブログ編】

f:id:apoptosis35:20170221191952j:plain

無事、アドセンス審査に通った方、おめでとうございます!今回は、はてなブログでのグーグルアドセンスの広告の貼り方について説明していきたいと思います。アドセンスの審査が通ったら、あとは自分のサイトに広告を貼るだけです。

収益を得るためにはもう少しですので、張り切っていきましょう。

1.広告の作成

まずは、Google AdSenseのサイトを開きます。以下の画像のように、「広告の設定」から「広告ユニット」をクリックします。

f:id:apoptosis35:20170225090237p:plain:w300

すると「新しい広告ユニット」というボタンがあるので、そこをクリックします。

f:id:apoptosis35:20170225090516p:plain

すると以下のようなページへと移ります。

f:id:apoptosis35:20170225090735p:plain

広告の名前は、広告を貼る場所の名前にしましょう。例えば、「タイトル下」や「フッダー」などです。ここで、名前を振っておくおくことで、後からアドセンスの解析を行う際に、この広告はあまりクリックされていないな。などの情報が分かりやすくなります。

次に広告サイズですが、初心者の方はレスポンシブを選択しておけば間違いないです。下手に他の広告サイズを選択しても、間違ったサイズですとスマホでの表示が大きくなりすぎて、アドセンスポリシーに違反し、アカウント停止などを食らってしまうことも考えられます。

レスポンシブにしておくことで、ユーザーの環境次第で表示する広告の大きさを自動的に選んでくれますので、かなりおすすめです。パソコン用とスマホ用どちらにも対応しているため、レスポンシブを選んでおけば間違いないということです。

次に、テキスト広告のスタイルについてですが、できるだけ自分のサイトの基調となるカラーと似ているもの、もしくは違和感のないものを選択しておきましょう。異様に目立つようなカラーよりも、自然な感じのほうがベターです。

ただ、ここはデフォルトの設定のままでも大丈夫です。

残りのカスタムチャンネル代替広告の設定もいじらくなくてOKです。

全部でいじるところは、広告サイズは初期設定でレスポンシブになっていますので、広告の名前をつけるところぐらいですね。

設定が終了しましたら、保存してコードを取得のボタンをクリックします。

f:id:apoptosis35:20170225093653p:plain

すると上記のように(コードは消してあります)広告コードが表示されます。この広告コードはGoogleAdSenseの広告ユニットのコードを取得からいつでも確認することが可能です。このコードを自分のサイトに張り付けることで、広告を表示させることが可能となります。

これにて、広告の作成は終了です。

2.はてなブログに広告を貼る

広告を作成しましたら、次ははてなブログにコードを張り付けていきます。広告を載せる場所によって方法が異なりますが、今回はおすすめする広告掲載場所への貼り方について説明していきたいと思います。

※その前に

はてなブログ側がサイトに表示している広告を非表示にしていることを確認してください。

f:id:apoptosis35:20170225100711p:plain

はてなブログの設定より、「詳細設定」をクリックし、広告を非表示のチェックリストにチェックが入っていることを確認してください。

f:id:apoptosis35:20170225100837p:plain

ヘッダー、フッダー、サイドバーに広告を掲載する

これらの場所に1度コードを設置するだけで、記事以外のページ(トップページやカテゴリなど)でも広告が常に表示されることになります。トップページへのアクセスが多い場合は、積極的にヘッダーなどの場所に広告を貼っていきましょう。また記事にアクセスが多い人も、ヘッダー部は必ず目に入る場所ですので、視認率が大幅に上昇します。

それでは、広告の貼り方です。

f:id:apoptosis35:20170225103651p:plain:w200

はてなブログのページからデザインをクリックします。

f:id:apoptosis35:20170225104008p:plain:w300

スパナマークのカスタマイズから、ヘッダーをクリックすると、タイトル下という項目の下にHTMLを編集できる白い枠があります。

ここに、先ほど作成したアドセンスの広告コードをコピーして張り付けましょう。

張り付け終わったら、変更を保存するボタンをクリックすれば、これで終了です。

フッダー、サイドバーに広告を掲載する場合にも同様な手順で張り付けることで広告を表示することが可能となります。

記事中に広告を掲載する

記事中に広告を設置することは、コンテンツ的にはあまり良しとされていませんが、広告の効果的にはかなりあると思います。自分の場合も、クリック率が一番高いののは記事中の広告となっています。

はてなブログで記事中に広告を掲載する方法は、あなたがどの記法を使用しているかによって変わってきます。

はてなブログでの記法についての記事はこちら www.neet-affiliate.net

Markdown記法の場合は、アドセンスの広告コードをそのままコピペすれば、そのまま表示してくれます。Markdown記法はHTMLタグをそのまま埋め込める記法ですので、そのまま貼り付けるるだけで可能なんですね。

はてな記法もMarkdown記法と同様です。そのまま、広告コードを編集画面に貼り付けることが可能です。

見たままモードの場合は、HTML編集のタグをクリックしてから、HTML編集を行う必要があります。見たまま編集のまま広告コードを貼り付けても広告は表示されませんので注意してください。

f:id:apoptosis35:20170225111435p:plain

スマホ用の広告を表示する

最近はスマホからのアクセスが非常多く、自分のサイトも約半分がスマホからのアクセスを占めています。スマホにも広告を載せないと非常にもったいないので、必ずスマホにも広告を掲載するようにしましょう。

f:id:apoptosis35:20170225122133p:plain

スマホ用の広告は上記のスマートフォン用のヘッダー、フッダーのHTML編集で掲載することが可能です。こちらで編集することで、スマホでもばっちり広告が表示されるようになります。

最後に

以上、はてなブログでのアドセンスの広告の貼り方でした。参考になったでしょうか。分からない点がありましたらコメントなどでお知らせください。最後までご覧いただきありがとうございました。

                            スポンサーリンク