アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

アドセンスで収益が出るまで何記事書いたらいい?→ズバリ100記事!

f:id:apoptosis35:20160925220922j:plain

アフィリエイトを始めてから一番むずかしいところは、初報酬を得るまでの道のりだと思われます。実に多くの方が報酬発生までに到達しないでアフィリエイトを辞めてしまっています。

最初はアフィリエイトにかける労力と報酬が比例しないのはしょうがありません。根気強く続けていれば、多かれ少なかれ報酬は得られます。とは言っても、いつまで記事を書き続けていればいいのか…

今回はアフィリエイトで報酬が発生するまでに必要な記事数に焦点を当てて考察していきたいと思います。

アフィリエイターの収入

現在のすべてのアフィリエイターのアフィリエイトによるおおよその収入はこんな感じだと思われます。

f:id:apoptosis35:20160925224609p:plain

40%近くが0円、35%近くが1000円以下の収入しかないのが実態です。また、多くの方が途中でアフィリエイトを諦めてしまっているので、0円収入の割合はもっと多くなるでしょう。 ※参考:アフィリエイト市場調査2014

このことからもアフィリエイトで収入を得るまでの道のりが険しいことがうかがえます。収入0円の40%から脱出するためには、基本的にはやはり記事を書き続けるしかないでしょう。

収益が発生するまでの記事数の目安は100記事

収益が発生するまでの記事数は・・・

100記事が1つの目安となっています。事実、俺も以前のサイトで100記事前後あたりからアドセンス報酬が発生してきました。一度発生したらだんだんと報酬額が上がっていき、一定のところで留まっている感じです。

100記事が目安といいましたが、もちろんあくまで目安は目安。コンテンツなどによってかなり違いが出てきます。10記事程度で報酬を得られる人ももちろんいます。そこは集客力の違いがでますね。

最近はアドセンスの審査が厳しくなっています。もしアドセンスの審査結果のメールがなかなかこないという方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

www.neet-affiliate.net

俺の場合(初報酬を得るまで)

俺がアフィリエイトで初めて報酬を得ることができたのは、サイトを立ち上げてから約4か月ほどです。

記事数に関しては、先ほども述べた通り100記事程度です。

文字数は1500文字から3000文字の記事が多かったですね。最近は長文のほうがSEOに有利と言われています。以下の記事を参考にしてみてください。キーワードを入れることを結構意識して記事を書いていました。

www.neet-affiliate.net

100記事書いても報酬が発生しない!

こういう場合も多々あると思われます。もちろん100記事はあくまで目安ですので、100記事で報酬が発生しなくても101記事で報酬が発生する場合もあります。反対に1000記事書いても報酬が発生しない場合も少なからずあると思われます。

そのような場合は、記事の書き方が間違っている、広告の貼り方が効率的でないなど、方法が間違っている可能性があります。しかし、これは100記事書いてみて初めて分かることです。とりあえず100記事を目標に記事を書いていきましょう。

もしそれで報酬が発生しなくても、なぜ報酬が発生しなかったのかを考察すればその100記事は無駄にはなりません。考えるよりもまず実行が最善策と言えるでしょう。

                            スポンサーリンク