アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

【SEO対策】Google Serch Console(サーチコンソール)の使い方まとめ【アクセス解析】

f:id:apoptosis35:20160916214428j:plain

GoogleのSerch Console(サーチコンソール)を使ってアクセス解析をしよう!

今回は、検索アナリティクスなどアクセス解析をする上で必須とも言えるSerch Console(サーチコンソール)の使い方についてまとめていきたいと思います。

アクセス解析はSEO対策をしていく中でも重要となってきます。アクセス者がどんなキーワードを検索して訪れているかを知ることで、どんなキーワードのSEO対策をするべきかの判断材料にもなります。アクセスが増えた理由は何なのか、またアクセスが急激に減少した原因は何のかを知るためにも必要なアクセス解析。今回は、アクセス解析ツールの中でも最もメジャーでユーティリティが高いSerch Console(サーチコンソール)について、基本的な使い方等を紹介していきます。

アフィリエイトをする上では必須!!Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。

Google公式の説明文からの引用ですが、要は、検索結果からサイトを管理(解析・改善)しようということですね。

以前紹介したXMLサイトマップもこのサーチコンソールから登録することができます。

www.neet-affiliate.net

検索アナリティクス

検索アナリティクスでは、来訪者の検索ワードなどを知ることができます。ここで主に使う用途は、

それぞれの検索ワードごとの
・クリック数

・表示回数

・CTR

・掲載順位
を知ることができます。

例えば、「脱毛」というワードで検索してアクセスしてきた人が何人、「脱毛 脇」というワードで検索してきた人が何人というのが一覧ですぐに分かります。また、表示回数やCTR、掲載順位のチェックボックスにチェックを入れることで、クリック数の横にそれぞれチェックを入れた項目の数字と上部に時間経過ごとのグラフを表示してくれます。 CTRとはClick Through Ratioの略で、クリック数を表示回数で割って100をかけたパーセンテージです。クリック率とも言い換えられますね。

ユーザー(訪問者)の目線から見るとSEO対策がうまくいいくことによって掲載順位が上がり、表示回数が増えて、クリックされる回数が増えます。CTRが低いとタイトルなどの改善を行いクリック率(CTR)を上げようとします。そしてまた最初に戻りこれを繰り返していくことがアフィリエイトにおけるSEO対策の主な実施事項になります。

流れをまとめると

SEO対策→掲載順位上昇→表示回数上昇→クリック数上昇→CTR改善→CTR上昇→はじめに戻る

となります。

CTR(クリック率)改善

CTRが低いといくら掲載順位が上がっても効率よくアクセス数を稼ぐことができません。検索順位とCTR(クリック率)の相関は以下の表のようなデータがあります。

順位 1位 2位 3位 4位 5位
CTR 31.24% 14.04% 9.85% 6.97% 5.50%

2014年のデータですが今も大きくは変わらないと思います。例えば検索順位が2位なのにCTRが5%しかないといった場合には、CTRを改善していく必要があると思われます。(一概には言えませんが)

CTRの改善には、タイトルが大きく関わってきます。興味を引くようなタイトルに変更してみたり、Description(タイトル下の説明文のようなもの)を分かりやすく、かつユーザー惹きつけるような文章にしたりすることで改善が見込めます。

掲載順位の変化

掲載順位はGoogleがいろいろな計算?をして順位を決めているため毎日変動しているのですが(ここ最近大変動が多くて、メインサイトにもちょっと影響が...)、やはり記事を更新してすぐには検索順位はあがりません。自分の体感としてですが、Googleに評価されるのに最低でも1か月程度はかかると思われます。ただ記事更新直後は新着としてなのか少しだけ上位にくるような気がします。(そこからまた徐々に下がっていきますが...)

イメージとしてはこんな感じでしょうか?

f:id:apoptosis35:20160917001626p:plain

時間が経ってもアクセスが無く、掲載順位が低い場合はSEO対策、キーワード選定をやり直す必要があると思われます。そんなときはSerch Console(サーチコンソール)で掲載順位の経時的変化をグラフで確認してみましょう。

被リンクを確認する

SEO対策において被リンク数も非常に重要な要素となっています。ここ最近の検索順位の大変動が起こっていますが、被リンク数の関係もあるみたいですね。

被リンクはホワイトハットである自然発生的なものとブラックハットである自演リンクと呼ばれるものに分かれますが、これらの対策を行ったらSerch Console(サーチコンソール)で被リンク数が上昇しているか確認してみましょう。

リンク元のURLも表示されるので、SEO対策の効果がはっきりと表れます。

XMLサイトマップを登録する

Googleに更新した記事を素早くインデックス化してもらうためにXMLサイトマップを登録することができます。

詳細についてはこちら XMLサイトマップの登録方法などについての記事です。 www.neet-affiliate.net

まとめ

以上で、oogle Serch Console(サーチコンソール)の基本的なできることを紹介しました。今まで使っていなかった方はぜひ使ってみましょう。最後までご覧いただきありがとうございました。

                            スポンサーリンク