アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

【SEO対策】記事がGoogleの検索結果に表示されない時の対処法【インデックス・XMLサイトマップ】

f:id:apoptosis35:20160912202745j:plain

記事を更新したのにGoogleに認識されてない?

みなさんは一生懸命書いた記事をUPしたのに、Googleの検索結果にサイトが掲載されない!という経験はありますか?俺もアフィリエイトを始めたころは、記事を書くとGoogle検索で検索をかけては、実際に表示されているかをチェックをしていました。しかし、記事を書いた直後はなかなかGoogleに認識されてないみたいで、検索結果に表示されず「なんで!?」って思うことが多々ありました。

Googleの検索結果に表示されるには、「インデックス」される必要があります。

開設したばかりのサイトや記事数が多くて複雑なサイトは、インデックス化の対策を行う必要があります。

インデックスって何?

本来インデックス(index)は英語で「索引」「指数」などの意味がありますが、SEO対策の分野においてのインデックスとは、「Googleの検索エンジンデータベースに、Webページのサイト情報を登録する事」を言います。投稿した記事がGoogleの検索結果に表示されるためには、このインデックスをGoogleにしてもらわなければなりません。

Google bot(クローラー)

インデックスは本来、Google側で勝手にしてくれます。クローラーというネット界隈を常に徘徊しているプログラムが徘徊して集めた情報をデータベース化してくれています。アクセス解析などで見られるgooglebot.comと書いてあるIPアドレスがクローラーです。

f:id:apoptosis35:20160913110051p:plain

怪しいIPアドレスだからと言ってブロックしてしまうとインデックスされなくなってしまいますので絶対にアクセス拒否をしないようにしましょう。

クローラーにサイトを効率よく巡回してもらう(XMLサイトマップ)

クローラーはリンクを辿って巡回していますので、クローラーの流入経路がないような初期のサイトや記事やリンクがたくさんある複雑なサイトは、クローラーが全てのページを認識してくれないことがあります。そこで、それを改善するために役立つのがXMLサイトマップです。

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとは、ウェブサイト内の様々な情報を記述したXML形式のファイルのことを言います。URLや更新頻度、最終更新日、優先度などの情報を詰め込んだファイルで、各ページごとに記述された情報をまとめているため、このファイル1個ですべてのページの情報をGoogleに伝えることができます。

XMLサイトマップ作成方法

XMLサイトマップは自動生成ツールを使えば、簡単に作ることができます。

以下のサイトはとてもシンプルで簡単にXMLサイトマップの作製が可能です。 www.sitemapxml.jp

XMLサイトマップを作りたいサイトのURLを打ち込んで、サイト更新頻度を選択してサイトマップ作成のボタンを押すだけで終わりです。 f:id:apoptosis35:20160913114716p:plain

作成したXMLサイトマップは次の画面でダウンロードが可能です。ダウンロードしたら、自分のサイトのサーバーにアップロードしましょう。一番上位階層に置くことでより有効に機能してくれます。

GoogleのSearch Consoleに登録

XMLサイトマップを作成したら、さっそくSearch Consoleに登録してみましょう。

Search Consoleにアクセスしたら、ダッシュボードの「クロール」の「サイトマップ」を押してください。

f:id:apoptosis35:20160913120626p:plain

右上にある「サイトマップの追加/テスト」の赤いボタンを押してください。

f:id:apoptosis35:20160913120945p:plain

あとはアップロードしたXMLサイトマップのURLを入力して、サイトマップを送信して終了です。

これでクローラーがこのファイルを元にあなたのサイトを効率よく巡回するので、今までよりも素早くインデックス化してくれます。

はてなブログの場合

はてなブログの場合は、すでにXMLサイトマップのアップロードまでは行われていますので、GoogleのSearch Consoleに登録のみを行えばOKです。サイトマップ登録時のURL入力の際、自分のサイトのURLのあとに「sitemap_index.xml」を付け加えて送信するだけでサイトマップを登録することができます。

まとめ

XMLサイトマップの作成方法と登録方法についてわからないことがありましたら、コメントで気軽に聞いてください。さいごまで読んでいただきありがとうございました。

                            スポンサーリンク