アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

【SEO対策】1記事の文字数は?どのくらいキーワードを入れたらいいの?

f:id:apoptosis35:20160911231443j:plain

キーワードとSEO対策の関係性

以前の記事で見出しタグの話の中で、キーワードを入れる話をしましたが、

www.neet-affiliate.net

アフィリエイトをしていく上で重要なSEO対策。このSEO対策ではどのくらいキーワードを入れるかはとても重要な問題となってきます。上位表示したいキーワードをたくさん入れることで、Googleからこのサイトはこういうことに関連したサイトなんだなと認識させることができ、その結果、キーワードに関連したものが上位表示される仕組みとなっています。しかし、やたら無暗に入れすぎると不自然なサイトになってしまいますので、ユーザビリティが低いと思われてしまいSEO対策に悪影響を及ぼしてしまいます。高いSEO効果を上げるためにどれくらいの割合でキーワードを入れていくかについてまとめてみました。

アフィリエイトで1記事における理想的な文字数

SEO対策コンサルタントなどのSEO対策業者によると、1記事の理想的な文字数はおおよそ1500文字と言われています。あくまで理想的な数値ですので、例えば1000文字しかないからといって、SEO対策的に不利になるとは言えないでしょう。また、あまり文字数が多すぎても、構成がしっかりしていないとユーザビリティが低いとみなされて上位表示されない可能性もあります。それらを考慮して、1000文字から2500文字程度がちょうどいい1記事あたりの文字数と言えるかもしれません。

キーワード比率

記事に入れるべきキーワードの数は、記事中も文字数によって変わってきます。少ない文字数なのにキーワードばかり詰め込んでもユーザビリティの低下につながりますし、Googleからの評価も上がりません。また、文字数が多いなかでキーワードが少なすぎるとSEO対策の効果も薄くなってきてしまいます。

理想的な文字数に対するキーワード比率は、ずばり…

2%~8%

です。
キーワード比率に関してはSEO対策にとって重要な項目ですので、多くのアフィリエイトサイトで対策が行われています。ですので、キーワード比率が2%程度ではもしかしたらアピールが弱いかもしれません。8%近くになるようにキーワードを入れていくと効果が目に見えてくるかもしれません。

自分のサイトのキーワード比率をチェックするのに便利なサイトがこちらです。

キーワード出現率チェック | SEOチェックのためのSEOツール集 ohotuku.jp

こちらで調べたいサイトのURLと対策したいキーワードを入力すれば、キーワード比率が簡単にわかります。

キーワードの最適な位置

いくらキーワードを適正な量入れたとしても、入れる場所が偏っている場合はGoogleからの評価が下がってしまう場合があります。そのためにも入れるキーワードは分散してバランスよく入れていく必要があります。

入れるべき場所は

・ヘッダー

・サイドバー

・メインコンテンツ

・フッダー

です。タイトルだけ、本文中にだけキーワードを入れても効果が薄いため、上記4つに分散させる必要があります。また、メインコンテンツの本文中にもバランスよくキーワードを散りばめるのが理想的です。

最後までご覧いただきありがとうございました。対策キーワードをバランスよく入れてSEO対策をしていましょう。

                            スポンサーリンク