アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

【SEO】見出しタグをうまく使ってSEO対策をする【内部対策】

f:id:apoptosis35:20160910232802j:plain

見出しタグとは

見出しタグは、h1~h3タグとも呼ばれ、SEO対策に非常に高い効果があると言われています。 名前の通り文章中に見出しを作り構成を分かりやすくしてくれるもので、タグ付けされた単語は重要なキーワードとしてGoogleに認識されますので、検索順位を上げたいワードを入れることで、SEO効果が発揮されます。 また、ページの構成が分かりやすくなるのでユーザビリティが向上し、自然とアクセスアップにつながるかもしれません。アフィリエイトをする上ではぜひ覚えておきたいタグです。

はてなブログで見出しを付ける方法は、記法によってつけ方が異なりますが、以前こちらの記事で述べました

www.neet-affiliate.net

SEO効果

見出しタグということなので、短い文章が理想的なのですが、その中に入れるべき重要なキーワードがあります。特にh1タグ(大見出し)については、「サイトタイトル」、「ページ内文章」、「キーワードタグ」などにも含まれている単語を入れることによって、SEO効果が発揮されます。

逆にいうと、「サイトタイトル」、「ページ内文章」、「キーワードタグ」にも入っていない単語がいきなりh1タグで登場することはとても不自然なことになります。Google側からしたら、キーワードに一貫性がなく、いったい何に関してのサイトなのか判断することができなくなりますので、検索結果の上位に表示されにくくなってしまいます。

ですので、h1タグを入れる際には、自分のサイトのメインテーマに関連したワードを入れるよう注意しましょう。

h1~h3見出しタグの使い方まとめ

h1タグ(大見出し)

h1タグは、その記事のタイトルと考えてください。ブログなどでは、タイトルはすでにh1タグ付けされているので、タイトルの欄に文章を書くだけで大見出しを作ってくれます。
h1タグは記事内で2つ以上使うことは、タブーとされています。1個のh1タグでかなり高いSEO効果が見られるので、いかに記事のタイトルが重要か分かりますね。

h2タグ(中見出し)

俺はほとんど使ってないんですが、h2タグは記事内で多くても3~4回までにしましょう。h2タグにもh1タグと同様、キーワードを入れることが重要となってくることが多いです。文字数としては、8~20文字前後が目安だと考えて下さい。あまり文字数が多いとキーワードがぼやけてしまう可能性があります。

h3タグ(小見出し)

こちらは俺も多用しているタグです。単純にこのブログでのデザインが好きなだけですが(笑)h3タグには、無理にキーワードを入れる必要はありません。しかし、無暗に大量に使う行為はスパム行為と判定されてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

まとめ

それぞれの見出しタグの特徴について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。俺はh2タグをあまり使っていないと書きましたが、やはりh1、h2、h3タグの順番で使うのがセオリーだと思います。h1からh3に飛ぶことになってしまうので、あまりおススメできません。これがSEO対策的にどのような影響があるのか、今後検証していきたいと思います。最後まで見ていただきありがとうございました。

                            スポンサーリンク