アフィニート|AffiNeet

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

  ニート×アフィリエイト

アドセンスとアフィリエイト、時々ガジェット

【はてな記法?】アフィリエイトをする上での、はてなブログおすすめの記法とは【Markdown?】

f:id:apoptosis35:20160902191119j:plain

それぞれの記法のメリット、デメリットとは

みなさんこんにちは。アフィリエイトを始めるために、はてなブログでブログを開設して、さあ記事をいっぱい書くぞ!!と意気込んだものの、左上のほうに気になる編集と書いてあるプルダウンが。クリックをしてよく見てみると

はてな記法

Markdown

見たまま編集(見たままモード)

と書いてあります。これがはてなブログで記事を書いていく上で非常に大切な3つの記法となります。記法の選択は、いつでも変えることができますが(記事制作中は不可能←これがやっかいです。。)、一度慣れてしまったものを変えるのは結構めんどくさかったりします。

 俺は、あっちいったりこっちいたりと大変な思いをしましたので、それぞれの記法で感じたこと、メリット、デメリットについてまとめていきたいと思いますので参考にしてみて下さい。またアフィリエイトを行うか行わないのかでもおすすめする記法が変わってきますので、自分に合った記法を見つけてくださいね。

では、それぞれの記法について見ていきましょう。

はてな記法

俺が最初にはてなブログで記事を書いていたのは、この記法でした。

この記法ははてなブログ特有の記法です。HTMLが分からずとも(俺も詳しくはわかりません!)この記法を覚えてしまいさえすれば、素早く文章を入力することができます。

例えばURLを入力すると

http://www.neet-affiliate.net/

と自動的にリンクを張ってくれますし、

id:apoptosis35

のようにはてなユーザーのリンクを自動的にリンクを張ってくれます。 このように自動リンク機能も充実しています。

また、入力補助としても優秀で、見出しを付けてたい場合には

 実際の表記   入力した文字

タイトル   **タイトル

タイトル     ***タイトル
タイトル      ****タイトル

のように簡単に見出しをつけることができます。

=を4回入力すると「続きを読む」を作成してくれますし、この他にもいろいろな便利なものがありますので慣れてしまえばとってもスムーズに文章が作れるので時間の短縮につながると思います。

欠点としては、一度この記法に慣れてしまうと、この記法ははてなブログでしか適用されないので、ほかのブログで記事を書く際に非常に苦労する点があります。また、HTML編集に切り替えることができません。
他のブログを併用している方、HTMLを学びたい方はこの記法はあまり向いていないかもしれません。

Markdown

俺ははてなブログで3種類の記法を試してきて、結局この記法(Markdown)に落ち着きました。はてなブログ以外でもこの記法で記事を作成できるので汎用性ははてな記法よりも高いです。

メリットととしては、HTMLタグを使用することができ、HTMLをそのまま埋め込めることができる点が挙げられます。前回記事で紹介したアフィリエイト申請方法

www.neet-affiliate.net

で承認されたアフィリエイトプログラムののHTMLを記事中に張り付けるだけでアフィリエイトができるので、非常に楽ちんです。

先ほどはてな記法で挙げた、見出しのつけ方ですが、Markdownでは#の数で見出しの大小が変更できます。しかも#3つではてな記法でいう*1つと同等の見出しになりますので、より大きい#1つや#2つでより大きな見出しをつけることができます。

段落をつけたいとき

Markdownで段落をつけたいときは、文末に半角スペース2つを入れる必要があります。

例えば、

カムチャッカの若者が きりんの夢を見ている時
メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている

という風に記事中に文章を表示させたいときに、普通に打ち込んでしまうと

カムチャッカの若者が きりんの夢を見ている時 メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている

となってしまいます。最初に示したように段落をつけたいときは、きりんの夢を見ているときの後ろに半角スペース2つをいれることで段落を入れることができます。

dl, dt, ddタグを表すことができないなどの欠点もありますが、自分としては使うことがないので現状この記述法で大満足です。

見たまま編集(見たままモード)

見たまま記法は名前の通り記事に表示される見た目のまま編集をすることができるので、完成イメージをすぐに確認することができ直観的な操作が可能です。張り付けた画像のリサイズも簡単に行うことができます。また、HTML編集ができるのでアフィリエイトのプログラムはここで張り付けることが可能です。

見出しのつけ方に関しても、左上の見出しプルダウン(画像赤枠)から見出しをつけることになるので*や#をつけるのはよくわからないという方は、こちらの方法がおすすめです。 f:id:apoptosis35:20160903233545p:plain

見たまま編集で記事を書いていると意図しない空白行が勝手に入っていることがありました。原因は不明のままですが、直観的な操作ができる反面そういう不具合がいくつかあるように思われます。HTMl編集を行おうとすると勝手に変なHTMLが挿入されていることも多々ありました。

まとめ

今回は3つの記法についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。俺個人的には、HTMLをそのまま使えるMarkdownがおすすめです。自分で合いそうな記法を見つけてどんどん記事を書いていきましょう。

                            スポンサーリンク